リサイクル法の盲点

注意!!自動車リサイクル法は、まだよく理解していない業者もいます。ここで詳しく説明します。

正式には「使用済自動車の再資源化等に関する法律(平成17年1月1日施行)」です。

これは廃車の際のコストの内、

①シュレッダーダスト(自動車破砕残渣)

②エアバッグ類

③カーエアコンのフロン

 を、自動車メーカーと輸入業者が引き取ってリサイクルし、その費用を自動車ユーザーが負担する、という法律です。

たとえばホンダフィットの場合、フロン類回収料金は2090円、エアバッグ類は2380円、解体・破砕が約6000円、情報管理費が510~610円で、合計1万1000円前後になります。

その支払い方法は、

①新車購入時に所有者が支払う

②ただし、平成17年1月時点で、既に自動車を所有している場合はその後の最初の車検時に支払う

その車検前に廃車する場合は廃車時に支払う

となっています。
ここで注意が必要なのは、支払い者と負担者が同じではない、ということです。
「リサイクル料金の負担者は自動車を使用済自動車として排出する所有者(最終所有者)である」
となっています。

つまり、 「新車購入時又は車検時にリサイクル料金を支払った自動車を中古車として譲渡した場合は、譲渡先からリサイクル料金に相当する金額を受け取る(一部の金額を除く)」 ことになっています。

では、国内で廃車しない中古車輸出業者の場合はどうなるのでしょうか?

「最終所有者による料金の取り戻しは可能。請求が行われなかった場合は プールされて不法投棄の処理や離島でのリサイクル処理に流用される」 のだそうです。

[ PR ] 新車を値切る?おまかせ~!~!~  ポイントは 「見積もりをドンブリにしない」 でした

[ PR ] 中古車買取・輸出専門業者 名義変更5日、誠実にご奉仕

[ PR ] Used Cars / in English We export used cars to the world. Don’t hesitate to call us.